インカ文明での顔面神経麻痺の壺


PCの中を整理していたら見つけた。2005年ごろかな、wikipediaに置いてあって興味深くてダウンロードしておいたんだ。今はそのページも無くなったみたい。記憶が確かなら南米の文明で、マヤでなくインカだったような気がする。

単純な像でなく、確か壺なんだよね。頭から出ている筒が注ぎ口で、後ろに取っ手が見える。関連画像にこんなのもあるみたいだから。

この壺が示す通り、顔面神経麻痺は古くからある病気なんだと。死ぬような病気ではないから、なかなか文献を探しても載ってないのかもしれないが、こういう情報は興味があるんなぁ

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM