田中宥久子の造顔マッサージ

 たまたま記事でみて、非常に気になったので、DVD付きの本を買って今日から初めてみました。

両誌ともに田中さんの経歴を振り返り、ヘアメークアーチスト、独立、結婚、2人の娘を出産、離婚、美に対する想いなどを記しているが、エピソードの質と量 が魅力的だったのは「週女」だ。造顔マッサージを編み出した理由、スタッフたちへの厳しくも熱心な指導、美に対する飽くなき探究心、そのために利害を度外 視し、関係企業や関係者との軋轢もあったこと、そのため経済的には困窮した時代もあったこと、2人の娘とも離れていた時期があったこと、完璧主義でストレ スも1人抱えてしまう人物像、そのため焼酎とタバコをこよなく愛したこと、黒柳徹子が皇后・美智子さまを田中に紹介したこと、中曽根康弘元首相もサロンに 通っていたこと、最後の仕事は今年1月の郷ひろみの披露宴でマッサージとメークを担当したことなどなど――。

今まで全く知らなかったけど、黒柳徹子に皇后まで登場すればやっぱり本物でしょう。利害を度外視して、困窮してもプロの道を歩んだ点も感銘をうける。こちらのサイトにも簡単な紹介映像等があるので、気になる人は見てみたらどうでしょう。

ポイントは「イタ気持ちいいほど圧をかけろ」「つねに最後はリンパに流せ」だと思うけど、このリンパって、以前書いたエラ筋と同じ場所じゃん。うーん、色々と調べると何かが出てくるかも。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM