かぶ:蕪の葉が一番効能がある

 ネットを色々探しても明確に書いてあるサイトは見つからない。けど03年ぐらいに「春の七草のうちのすずなは神経症に良い」という情報を知って、その後色々と試してた。


個人的には、葉の方がより効果が高いと感じる。大根の葉っぱもそこそこいける。春菊とかホウレンソウとかにんじんとか他の野菜は特に感じない。大根の根も感じないなぁ。だから順序的には 屮ブの葉」 ◆崑膾の葉」 「カブの根」です。

カブのゆで汁を風呂に入れると、一番凄い。下手に麻痺に効く温泉を探すより、「かぶ風呂」を作るのが一番だと。やってみればすぐ分かるよ。神経にダイレクトに訴えかける何かがある。大根のゆで汁もちょっと感じる。それ以外の野菜では個人的には感じない。

葉っぱが沢山ついている大根は珍しいので、やっぱりカブになる。個人的には根は漬物。葉は炒め物にしているけど、カブから塗り薬を作って、一ヶ月ぐらい寝る前に顔に塗って効果を確かめたいと、ここ5年ぐらい思ってます。ステップとしては、乾燥→ミキサー→乳剤(マー油等)とまぜて顔に塗る かな。

効果があったら報告しますね♪





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM