共同運動(口、涙) →ワニの涙症候群

 いつから「ご飯を食べる時、たまに涙が出てくる」と気づいたのか覚えていない。もちろん、数年後には気づいていたけど、ワニの涙症候群なんて病名があるのを知ったのはネットに色々と情報が増えた05年以降かな。周囲が一番気づくのがワニの涙なんだよね。よく「泣いてるの?」と聞かれるので、そのたびに「ご飯が旨くてさ」〜「うーん、後遺症なんだよ。気にしないで」の範囲内で応答してました。

さすがに「気にしないで」といっても突っ込んでくる人はそんなにいないし、それが出来るぐらいに仲がいいなら「たけしと一緒で顔面神経麻痺なんだよ、見てて気づかなかった?」程度は答えていたような。

このワニの涙なんだけど、たまにしか出ないので、通常の共同運動と違うんだよね。発生条件がよく分からなくて、「たまに混線するのかなぁ」とぼんやり思ってた。けど、数年たって、一人でご飯を食べている時よりも、皆で食べている時の方が発生確率が断然高いことに気づいた。

色々考えた結果、「食べている時に喋ると、高確率でワニの涙が出やすい」というのが、私の結論。
もちろん神経再生の状況で個人差出ると思う。麻痺になったのは学生時代で一人暮らししてる時。だから差が激しいのかもね。もちろんワニの涙も、時間経過とともに収まります。今は、年に1度も出ないんじゃないかな。ひさしぶりに出ると逆に「お、ひさびさー」と嬉しくなる?ぐらいの確率だから。昔は、週1ぐらいだった。いつも昼ごはんだったので、「昼ごはんだから出る」と仮説を立ててましたが、これは間違ってたね(笑

やっぱりワニの涙は目立つので、気になる人は家で積極的に出る状況を作った方がいいと思います。共同運動の直し方は、出ないようにするのでなく、出る状態を作りつつ、マッサージする方がいいから。方法は色々あると思うけど、個人的には、動いて欲しくない方を「動くな動くな」と念じながらゆっくり刺激を与えた方がいいと思う。いや「動かなくていいんだよ」の方がいいかもね。こういう心の中で呟く言葉から、ひとつずつ選んだ方がいいでしょう。

まあ、一人暮らしで、一人でご飯食べながら喋っているのは怖い風景なのも確かだけど、直すためにはしょうがない。

逆に、個人的にはワニの涙は自分が顔面神経麻痺ということを一番楽に伝えれる方法なので、無理に直さなくてもいいかもしれないけどね。顔の左右差って、無意識的に必ず相手に伝わっているので、明確に「顔の左右の動きが違う」と気づかない人も、心の中で「なんか・・・」という違和感を持ってるから。それを顔面神経麻痺ということばで意識化させてあげた方が断然良いのも確か。

そういう意味では、、うーん、ワニの涙を直すのは一番最後かな。個人的にはそう思ってます。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM