顔へのお灸

 お灸の説明書には顔には載せるなと書いてありますが、昔、鍼灸院で「1ヶ月ぐらい手足で慣れたら大丈夫」と言われました。確かに何の副作用も無く、効果はかなりあります。

目の周りへのお灸してる写真


口の周りへのお灸してる写真


今までに何回顔にお灸をしたか?数えてないですが、3年間で100回以上はしてると思います。
最初のうちは跡がちょっと残ったりしましたが、今は何の問題もないです。もちろん個人差もあると思うので、興味がある方は、少しずつ試してみればどうでしょうか。


使ってるのは「せんねん灸オフ 」(略:オフ)です。
手足には「せんねん灸 強力温熱 」(略:ハード)を使ってます。

どれだけ慣れても、さすがにハードを顔にするのは無理でした。みそとかにんにくと色々種類がありますが、それなりに部屋が匂うので、注意してください。 今はオフはにんにく、ハードはレギュラーです。 今後はオフもレギュラーにする予定。

あと、さすがに途中で熱くなるので、微妙にずらす必要があります。(慣れると、お灸が燃えている時に、台座をもって移動できます)


色々試した結果、まず口の周りに4個ぐらい置いて、口の筋肉や神経をほぐし、目の周りに、5個以上置いて、目のお灸の間、口をぐるぐる回してます。これにより共同運動に効果があると思います。
(お灸によって目の神経が緩んでいる時に、口だけ活発に動かすので、 これらの2種類が別々に動くものだと教え込む)

もちろん最初のうちは一個ずつ使用してみてください。そのうち慣れてきて、一度に数個使用できるようになります。


あくまでも私が試した効果があった手法をまとめましたが、くれぐれも注意(個人差・体質・火事など)してください。





コメント
不完全麻痺になって、一年三ヶ月です。
最近、鍼灸へ通い始めました。
家でも灸するよう指導され、実行しています。
若井さんは、灸が効くと仰っていますが、
どう実感されたんですか?
症状がどう改善されたか、
具体的に教えて下さい。
麻痺から一年以上は、時間が経過し過ぎなので、
効果は期待できないと言われて落ち込んでいます。
  • ちはら
  • 2013/09/07 9:38 AM

端的に言えば可動範囲が広がったという事ですね。完治では無いです。けど、口角は前よりも上に行くようになりました。

残念なのは、顔へのお灸が常にリニアに効果がでるものでなく、飽和するという事です。「何度もお灸しても最近変化無いなぁ」と感じるようになったら、お灸の匂い等もあり、する回数が減りました。この飽和は、私個人としては、10回ぐらいで感じたような記憶があります。

  • 若井
  • 2013/09/09 10:03 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM